需要予測ソフトウエア

SmartForecasts(スマートフォーキャスト)

世界および日本におけるベストセラーの需要予測システム(需要予測ソフトウエア)です。

需要予測業務に必要な機能はほとんど備わっています。
間歇型(離散型)の時系列特性を持ったデータの予測にも対応可能なシステムです。また、最近のテーマである、IOTやAIなどのビッグデータによるイベント予測や重回帰分析予測も可能です。

CustomForecast(カスタムフォーキャスト)

中堅・中小企業においてベストセラーの需要予測システム(需要予測ソフトウエア)です。


日本の大学との産学連携開発の需要予測システム(需要予測ソフトウエア)です。
初めて需要予測システム(需要予測ソフトウエア)の活用をご検討される企業様にとって、操作が容易で、安価で使用出来るソフトウエアです。

PSI計画マネジメントシステム

PSIとは、P:Production(製造)あるいはPurchase(仕入れ)、S:Sales(販売)、I:Inventory(在庫)を表し、生(生産)販(販売)在(在庫)の計画のことをいいます。

発注支援システム(調達支援システム)

PSI計画マネジメントとは、販売計画(月次販売計画や週次販売計画など)を立て、その計画を達成させるために在庫量の計画を立案し、その在庫量の計画に合うように生産量あるいは仕入れ量の計画を行い、実行することです。

PSI計画マネジメントの目的は、未来の在庫を適正化することです。多くの企業の場合には月次決算の対象である月末在庫となります。月末在庫がどのくらいの量であれば適正在庫量であるかの目標値を決定しなければなりません。販売政策においては、顧客満足度を損なわないためには、個々の製品のサービスレベル(即納率や許容欠品率)を決定し、製品別の在庫量の目標を決定しなければなりません。

発注支援システム(調達支援システム)では、製品や商品別に目標とする在庫レベル(適正在庫レベル)を設定します。需要予測システムで、目標とする在庫レベルを達成するための予測量を分析します。その予測量を発注計画量(調達計画量)として、発注リードタイム(調達リードタイム)や、最低発注量などを加味して、発注タイミングおよび、発注量を算出します。

発注支援システム(調達支援システム)の概要