在庫削減効果分析サービス概要

在庫が発生するのは、幾つかの理由があります。

需要予測システムを活用による在庫削減は、予測需要数量を実際の需要数量になるべく近づけることにより、適正な安全在庫を保持し、目標ととする適正在庫を実現することです。

現状の在庫量が、需要予測システムを活用することにより、どの程度、削減できるかを分析します。

分析のためのご準備いただくデータ

以下のデータをご準備いただきます。

・在庫適正化の対象となる全てのアイテム(製品)とします。
・有効性分析は月次実績データで行ないます。
・過去36ヶ月の受注(出荷)実績データ (EXCEL DATA)
・直近12ヶ月の月末在庫データ (EXCEL DATA)

作業の進め方

以下の内容で現状の業務の確認および報告を行ないます。

効果分析成果物例