ビッグデータ分析と需要予測

ビッグデータ時代

第4次産業革命時代を迎えて、企業の情報システムやIOTによるあらゆるデータがビッグデータとして利用可能になり、これらのビッグデータを分析し、需要予測システム(需要予測ソフトウエア)を活用してを販売計画の精度向上を図ることが可能になってきました。

さらに、AI技術の進展により、需要に影響のある要因データを収集することも可能となってきました。これまでの過去の販売時系列データだけの分析から、販売に影響のある外部要因を分析することにより、さらに予測の精度を向上することも可能になってきました。

企業おいては、販売計画業務や調達業務(生産計画や仕入業務)に需要予測システムを使用することにより、業務の生産性向上および業務の効率化を図りことが可能です。

需要予測業務の重要性

在庫を適正化し、過剰在庫や滞留在庫を削減し、機会損失となる欠品を防止することは、企業にとって継続的な課題でした。精度の高い販売計画を立案し、それに基づいて適正な調達(生産・仕入)量を立案し、実行することにより適正在庫が実現できます。

精度の高い販売計画を立案するためには、需要予測業務が必須です。直近までの販売実績データおよび販売に影響のあるデータを使用して、説得力のある論理的な方法で将来の販売量を分析する業務が需要予測業務です。

ビッグデータ時代の需要予測業務

企業の情報システムによる受注実績や販売実績データだけでなく、販売に関連するあらゆるデータがIOTやAIテクノロジーの進展によりビッグデータとして利用可能になってきています。

直近の受注実績データや販売実績データを使用して行う時系列分析および需要予測業務に加えて、企業の経営活動から得られるあらゆる情報や外部から得られる情報をビッグデータとして蓄積しなければなりません。

これらの膨大なデータを分析し、“気づき”を得て、“パターン”を発見し、“需要を予測”する。企業の収益を最大化することがこれからの需要予測業務です。

弊社は、需要予測システム(需要予測ソフトウエア)を活用し、企業のビッグデータの分析を行い、予想精度の向上を通じて企業の収益最大化をご支援致します。